めぐるめぐるよ血流は。:井穴刺絡の講義

  • 2016.06.12 Sunday
  • 23:00
井穴刺絡今日は所属学会の基礎講習会での講義のお勤めをしてまいりました。

刺絡、という鍼法のもつ類稀なる有効性と、その鍼法の技術と知識を伝え継いでくださっている大先輩の先生方に感銘を受けてから約10年、講師陣の一隅に入れていただいてから6年ほどになります。そして東京でのお勤めは今日が最後です。ありがとうございました。
 
そして井穴刺絡の講義は今回で3度目。
受講される皆様にわかり易く、かつ臨床的な内容となれるよう、また前任の大先輩の先生のお伝えくださっていた内容に少しでも近づけるよう、と色々な思いが募りすぎて空回りしてしまっていたかもしれません。
 
血行動態が良好であること、これに勝る健康状態はないと言っても過言ではありません。
鍼灸、ことに刺絡鍼法は、疏滞しがちな末梢循環の血流を円滑にするのに優れた療法である、ということを証明するデータは多々あります。数千年前から脈々と受け継がれている古典の記述しかり、3μの内径の微小循環を可視化できる最新の科学技術による観察しかり、また井穴刺絡と脳血流量の基礎研究を共同で実施してくださっている医師の先生との研究結果しかり。

数千年も前にすでに体系的に記録されていた治効機序を、光学機械などを駆使した現代の最新科学技術が少しづつ証明しつつある。
科学の温故知新を実体験として感じることができる、そんな時代に臨床鍼灸師として居られることはとても幸せなことなのだなぁ、と今日の講義にむけた資料づくりをしながらじんわりと思いました。

この途轍もなく深淵で興味つきない世界を言語化してお伝えしていく、という大変チャレンジングで素晴らしい機会を与えてくださった先輩方に心からの御礼を申し上げます。

新天地ではまた新たに関わらせていただきたいと存じます。よろしくおねがいいたします。

そして、編集委員として学会誌を通してお伝えできることにも精進を続けてまいります。

深謝。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM