薬草料理マイスター講座修了〜野の薬草を通じて見る感じるいのち

  • 2018.03.11 Sunday
  • 21:03

三月十一日。

七年前、東日本大震災がありました。

 

そして、

今日は1年間通った「薬草料理マイスター養成講座」の修了日で薬草料理実習日でした。

仕上がった薬草料理を囲み、講師の矢野忠則先生が東日本大震災の被害に遭われた方々への黙祷を捧げられました。

たくさんの方々がこの日を契機に生き方の模索を始められました。

講師の矢野忠則先生もそのお一人。

矢野先生が大分で薬草料理の研究と実践を始められたきっかけは、救援物資が届かない地域の方々が野草を調達して食をつないでおられたことをお知りになったことなのだそうです。

 

野の薬草を知り薬草を食して生きる。

七年前に始まった矢野先生の活動を通じて大分で数多くの薬草料理マイスターの方々が輩出され、

昨年より始まった福岡での薬草料理マイスターの養成講座には14名のお仲間が集まりました。

薬学博士の矢野先生講義による、科学的な野の薬草への学び。

葉や花の形など形体上の分類から野草を見分ける方法、根、葉、花から種へと生命活動をする植物の生理学、身近な野草の薬効と性質、生態などの座学の合間に、3回の薬草料理実習がありました。

 

矢野先生の国東半島や、主催の坂井さんの大牟田のハーブガーデンから手摘みされた野草などを使ったレシピ。

毎回食べ切れない品数の美味しい薬草料理がテーブルに並びました。

共に学ぶ受講生の皆様、料理のプロの方もいらして、毎回みなさまのアイディアからたくさん学ぶことがありました。

 

県北にある宗像ではまだ土筆や筍の姿は見られないのですが、唐津、糸島、大牟田と暖かい地域からのご参加者から、

筍と土筆が集まりました!初物は柔らかいですね!!

 

矢野先生がおっしゃった例えが印象的でした。

 

薬膳料理は、型のある七言絶句などのような定型詩。

野草料理は、自由律の詩。

 

昨年の4月から今日まで1年間。季節の移ろいを野草からみるという経験をして、

今まで「草」でしかなかった野の草花が本当に生き生きと力強い個性を持って目に入ってきました。

そして食べられる野草をいただくことで、少量でも大いなる生命力をいただくことができることを体感しました。

矢野先生、坂井さんありがとうございました。

そしてまだまだ学びは続きます。今後とも宜しくお願い致します。

 

野の草のように、生命に満ちて。

 

東日本大震災の後、避難生活を送られている方々の暮らしに心安らぐ時のありますように。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM