天長地久  祖母と三陰交

  • 2013.07.08 Monday
  • 12:27
 「天長地久」てんちょうちきゅう。<<老子・七章>>
天は長く地は久し。天や地は、私心なく他者を優先して生きているがゆえに長生する。
「天長地久。 
天地所以能長且久者。以其不自生。故能長生。 
是以聖人。後其身而身先。外其身而身存。 
非以其無私耶。故能成其私。」 
左の書は、99歳と半年になる祖母がデイサービスで書きあげたもの。認知症の薬の副作用で手指の企図振戦や丸薬まるめ運動といったパーキンソニズムがみられる祖母ですが、筆をもつとこの通り。ブレや震えの全くない伸びやかな文字が気持ちよく半紙の上におろされています。 「天」の字が「矢」になっていますがそこはご愛嬌。いやもしかしたら「矢=天に誓う」という意味を込めて書かれたものかもしれません。

二年前、五月と七月の二ヶ月の間に相次いで二人の息子たちに先立たれてしまった祖母。直後は「私のほうが先にいくっとが。。」と涙にくれていた祖母でしたが三回忌は涙のない穏やかなご法事となりました。三月の白寿のお祝いのときより足腰がすこし弱られたようですが、変わらず週5日のデイサービスに自宅から通っています。祖母の自宅暮らしをサポートしてくださっている方々に感謝です。

例年よりも雨が少ない福岡だったそうですが、急に湿度と温度があがってきたせいか、脾と腎のお疲れがみられた祖母の三陰交に、金の鍉鍼(ていしん)でお手当させていただきました。
天長地久。ごゆるりとおすこやかにお過ごしくださいね、おばあちゃん。


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM