前を向いて歩くこと

  • 2013.11.06 Wednesday
  • 23:36
今日は本当に嬉しいことがありました!!
毎週水曜日に往療に伺っている患者さんが、二年ぶりに自発的に運動の自主トレをしてくださったのです。

往療でみさせて頂くようになってから六年半になる七十代後半のこの患者さんは、二年前に認知症の診断をお受けになりました。 奥様によると認知症になってから大概のことは忘れてしまうけれど水曜日だけは鍼灸受療を楽しみにしていて下さるとのこと。
活動性が極端に落ちていらっしゃった今年の春、横になっている時間が増えました。そのことによる廃用性萎縮から、正座をとるときに膝に痛みがでるという訴えをされたため、ハムストリングスのストレッチ体操を施術に組み込み始めました。ご自分でゆっくりじっくりと腿裏を伸ばす、というストレッチ体操。しっかり伸びたことを感じてから正座位に移り施灸、という流れを五月半ばから25週続けてきました。 

今日患者さんは施術用のお部屋に入ってこられるなり、お布団にすっと正座されました。その動きが大変スムーズだったことに驚いていたところ、なんと「野間さんが来る前に自分で体操して訓練してたんです。」 とのこと! そのうえ「この頃は時折やっているんです。」との嬉しいご報告もいただきました!
認知症の診断が出た二年前から今年の夏ころまで、虚ろな様子でうつむいていらっしゃることが多かったのですがこの3週ほど声や目に力が戻ってきていました。そんな流れから今日の自主トレなのです。嬉し過ぎて涙ぐんでしまいました!!

ハムストリングスのストレッチのほかにも、重心を感じるエクササイズを鍼灸施術の後に5〜10分程、30週毎週行っています。 始めた当初は、上下前後左右と軸がバラバラで立位の保持が困難な状態でした。足底で地面を感じるワーク、下丹田にからだの重心を置くワーク、左右それぞれの片足重心、と重心の取り方のバリエーションを徐々に増やしていきました。9月半ばからはその場腿挙げもできる位に重心が安定してこられました。1年ほど休止していたわんちゃんのお散歩もその頃から少しづつ再開し始めるようになられたそうです。10月の半ばから開始した腿挙げ行進も、今日はいままでで最高位まで腿があがっているなか重心はしっかりと安定した歩行を保ちつつ、かつ表情にも笑顔が見られる位に楽しんで頂くことができました。

患者さんがご自分の重心を感じられるようになってくると、ご自身のからだと上手にお付き合いをすることを思い出してこられます。重心が定まってくると顔を前に向けることができるようになられます。そんな変化のお手伝いをさせていただけるとき、こころから嬉しいなぁと思う今日この頃です。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM