柚子の馬鹿めは十八年

  • 2013.11.29 Friday
  • 19:39
iPhoneImage.png今年も患者さんのお庭の姫柚子を頂戴しました。今日温和堂ご来院の方々に柚子茶で冬の訪れを感じて頂きました。まだ幾つかありますので来週辺りまではお出ししていますよ!

この柚子と一緒に「桃栗三年、柿八年」の先の口上も付いてきました。「桃栗三年、柿八年、柚子の馬鹿めは十八年」と続くのだそう。
みなさまはご存知でしたか?温和堂は初耳でした。なんだか愉快になってきたのでほかにどんな口上があるのか調べてみました。

枇杷は九年で成りかねる
柚子は九年で花盛り
梅は酸い酸い十三年
梨はゆるゆる十五年
みかんの間抜けは二十年
りんごはにこにこ二十五年

江戸時代後期の随筆家、山崎美成著の「三養雑記」の中にも、「桃栗三年、柿八年、柚子は九年でなりかかる」がことわざとして解説されています。

国文学研究資料館の電子資料館でオンライン閲覧が出来ます。
「三養雑記 桃栗三年」

桃、栗、柿、枇杷、梅、柚子、みかん、どの果樹も庭木でよく見かけるものですね。三年経って桃栗が、柿、枇杷が加わり、梅がなり、柚子、みかんがなる頃には子供が成人する、そんな家族の成長とともに庭木からの恩恵も豊かになっていく。そしてよくみると果実が熟す季節が春夏秋冬、四季に散らばっています。
庭木だからこそ、薬なぞ使わず安心して皮のまま食べられる果実をつくることも出来ますね。

家族への愛と自然の恩恵、じつに豊かな風景がみえてくることわざですね。


地方毎にいろいろなバリエーションがあるようです。
ほかに面白いものをご存知の方は、ぜひコメントに書きこんでみてくださいませ!






コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM