部屋もからだもめぐらせ、すっきりと

  • 2013.12.19 Thursday
  • 00:19
注連飾り師走の十三日の事始めも過ぎましたので、温和堂でも玄関に注連飾りをつけました。
来週は窓磨き 床磨きをし、門松を飾って歳神さまをお迎えする支度をしようと計画しています。
一昨日は御縁があり、温和堂の治療室に風水のコンサルティングを受けました。施術の導線の関係で大掛かりな配置替えはありませんでしたが、ゴジャゴジャと積もってしまったもの達を整理する丁寧なサポートを頂きました。
玄関から入ってくる運気を、家の中、部屋のなかできれいにめぐらす。今回うけた風水コンサルはこの点が重要な要素のようにお見受けしました。
実際の東西南北の方位はつかわず、玄関からみて空間の方位をみたてていくようです。詳しい原理は伺わなかったので、以下は温和堂がこういうものかな、と感じ取ったものです。伝統的な古代中国の陰陽五行学説に基づいた風水観に、現代の西洋式の住宅環境にも無理のないコンテンポラリーな空間認識を取り入れた風通しのよい空間の提案のようなものかな、と理解しました。五行学説(→ 過去ログでチェック)がベースにあるのがみうけられるのは、空間の中心に土黄が配され、土の位の上部(南)に火赤、土の右部(東)に金白、土の下部(北)に水黒、土の左部(西)に木青が配置されているところでした。この五位五色にもとづき、室内に飾ってあった赤をもつ版画を入口からみて上(南)の位置の壁に移動しました。五行的なアドバイスのほかには滞りがおきやすい場所は掃除しやすいように配置をかえて流れをよく保つ。そんな具合に治療室と玄関にある雑多なものたちを整理していくサポートをして頂きました。
はじめは「いやいや、ここにこれがあるのはですね。。え〜とあ〜とこういう意味があって。。。」や、「いやいや、このコードはここでないと届かなくって」といったふうに、変化そのものに対する戸惑いがでたりしたのですが、ご提案いただいた改良案のとおりに変化をうけいれてみるとじつにスッキリして気持ちのよい空間になっていくのです。右の画像の壁には以前は電源コードが絡みついていました。
左手の画像も整理後の様子。以前はここにはゴジャゴジャといろいろなものがひしめいていました。整理して下にある古代九鍼の額に配置をあわせて頂いたら、温和堂のコアメッセージである「温」の字が際立つようになりました。
このコンサルティングをうけて強く感じたのは、慣れは澱みを産み、澱みは変化を倦むようになる、のだなぁということ。そして変化を倦むその先にはアンバランスが出てくる。

からだのメンテナンスと同じですね。じつはこの御縁の方にはコンサルティングの前に鍼灸を受療していただきました。施術後にはおからだが滑らかな動きを取り戻されていました。そしてコンサルティング後の治療室には、同じような滑らかな流れができていたのを感じました。
澱みなく滑らかに流れているためには、からだも部屋もきれいな気を全体にめぐらせていることが大切だなぁ、と実感しました。コンサルティング、ありがとうございました!!
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM