冷えのぼせ 寒冷蕁麻疹

  • 2014.02.01 Saturday
  • 13:22
梅もういくつねると節分です。節分が明けると立春です。
梅の花もほころび暖かい春の気配を感じるようになりました。
晩冬から初春は三寒四温、寒さと暖かさが交互しながら春へと向かいます。日中の暖かい日差しにコートのボタンを開き陽気を楽しんでいると、まだまだ足下には寒い冬の冷気が頑固に残っているのに気が付きます。油断をすると風邪をひいてしまいがちなのもこの時期のお悩みです。

襟巻き巻くは忘れても、靴下履くは忘れずに♩です。
 
からだの内と外から積極的に温める養生を行ったことで、寒冷蕁麻疹の症状が消失したケースをご本人の了承を得て紹介いたします。
日にちが遡り三週ほど前に温和堂が受けました健康相談です。男性30代。施設勤務。

寒冷蕁麻疹で全身に痒みのある発疹が出て辛い。いま塗っている抗ヒスタミン効果のステロイド剤ではない方法で改善したい、とのことでした。
みるとお顔が紅潮しています。脈をみるため手首に触れると脈に冷え所見と実際に手が冷えているのを他覚的に感じます。ご自身に足の温感を確認して頂くと冷やっとするそう。

お正月明け頃に大腿の内側に痒みを伴う発赤が出始めた。
急激な寒暖差があるときや体温の急激な低下があるときに症状が発現。
症状の範囲は日を追うごとに徐々に拡大し、顔面、首、前腕、体幹と全身に及ぶ。
背面よりも内側に多く、上半身により多く出ている。
皮膚科で寒冷蕁麻疹の診断をうけ二日前よりステロイド剤を塗布し始める。
入浴などでからだを温めると症状の緩和がみられる。
発汗して衣服の濡れを放置して冷えを自覚すると皮膚の症状も増悪。こういう状況でした。

相談を受けた時、この方は勤務中で受療や休憩をとることが出来なかったため、応急処置として背中にタオルを背負って勤務を継続して頂きました。タオル処置前は、顔面や前腕に強い発赤が出ていたにもかかわらず、軽く寒気の自覚があったそうです。
タオルを背負ってから小一時間もするうちにからだが芯から温まった自覚があり、
それに伴い痒みも治まってきたそうです。
そこで、自宅での養生として以下をおすすめしました。

・汗をかいたらすぐに肌着を着替える。
・肌着は木綿か、すくなくともレーヨン素材でないもの。(レーヨンは蒸泄しにくい)
・足湯
・足首をアンクルウォーマーなどで保温。レッグウォーマでもよい。
・冷飲食はしばらく止める(控える、ではなく)
・乾姜のお湯を飲む。
 
この方には胃腸に強い冷えが停滞している所見があり、冷えのぼせの状態でした。
症状初出前後の生活変化について伺ってみると、年末年始にビールなど冷たい飲酒の機会が連続したそうです。

上記の養生のご提案をして翌週にお会いしましたら、発赤が消えています。
顔面にみられた紅潮もありません。
詳しく伺うと上記の養生をすべて生活に取り入れ始めてから2日目頃から痒みがおこる頻度が減少し、4日目には痒みと発赤が気にならなくなってきた、とのことでした。
ご本人のご自覚として、乾姜のお湯をのみはじめてから特にからだの芯から温まっていることを実感できる、ということでした。


寒冷蕁麻疹、という診断が下った方すべてにこの養生法が効果を示すということではありません。この症例の方の場合にはとてもよい効果がでた、ということです。お疲れがみられた消化器系をたてなおすために温補が必要だったこと、またこの方ご自身が薬ではなくご自身の自然治癒力への信頼をつよくもって生活改善に臨まれたことが大きな効果をだしているだろうと温和堂の目には映りました。


乾姜茶
乾姜のお湯:いつかこちらは別稿をたてくわしくお話ししたいとおもいます。
温和堂は飲み始めてから13年目になります。治療院では施術後にみなさまに飲んでいただいています。陰干しした生姜スライス(本格的には一度蒸してから陰干し)と肉桂を保温ポットに1〜2時間ほど入れ抽したもの。



コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM