はばったい?

  • 2014.12.26 Friday
  • 20:55

温和堂:「手指のはばったさは、とれましたか?」(施術後に)

クライアントさん:「ん???は、はばったい?????どこの地方の言葉?」
鍼灸学校時代以来感覚的につかってきた表現「はばったい」。
今日初めて、意味を問われました。
実のところ、温和堂も鍼灸学校で出会う以前は使ったことがない表現でした。
耳で覚えた外国語のように、「こんな感じのときに使うんねぇ」と感覚的にとらえてつかっていました。

どんな感じのときかというと:
すっきりしない
もったりする。
強張るようでさくさくと動かない
なにかが詰まっていて動かしづらい
つまり血流の疏滞などがあり、手指など動きが悪いとき

このように理解して臨床でつかっており、いままで問題なく通じていました。
そこで冒頭のやりとりがあり、初めて字義を調べようと思い至ったというわけです。

インターネット検索してみました。該当する字義を以下に引用しました。
はばったい【幅ったい】 形容詞:
  • 幅が広い。張った感じである。(デジタル大辞泉)
  • 幅いっぱいに広がっている感じである。(三省堂 大辞林)
  • はぼったい。腫れぼったい。むくんでいる。だるい。「はばったい」から転じたものと思われる。 (茨城弁大辞典)
  • むくんでいる。「むくみ」感だけでなく、手指の「こわばり」などの表現にも使用する方がいる(「医療人のための群馬弁講座」)
群馬、茨城など関東の北部のほうでよく使われている言い回しのようだ、ということも検索していると読み取れました。
ほかの地方では、「強張っていてうごかしにくい」状態の方言があるのか、気になってきました。ご存じの方ぜひ教えてください!

からだの状態を表現するのはなかなかに難しいものですが、常日頃からだの状態を観察しているうちにからだのほうが表現豊かになってきます。

みなさま、年末お忙しいさかりですが、ぜひぜひおからだの声、お聞き漏らしなさいませぬよう!
「はばったい」ときは、まずはここちよい方向と角度にからだをゆっくりストレッチしてあげてください!

温和堂は、年末12/30まで、年始は1/5からとなります。
緊急の場合はご相談ください。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM