プロジェクト・豆板醤

  • 2015.05.25 Monday
  • 17:30
豆板醤とそら豆
発酵食万歳!自作そら豆で豆板醤を仕込みたい!
ということで昨年12月の頭に種蒔きをしたそら豆。
約半年の時をかけての〜んびりとぷっくり育った3粒を収穫して
今日、豆板醤仕込みをいたしました。
(3粒では寂しいので、みつばち農場さんのそら豆でも仕込みました。)
今回はそら豆の量が圧倒的に少ないため、大まかな割合です。
そら豆:塩:米麹:米味噌:鷹の爪=10:1.5:2:2:1.5

ここからは、麹とその他の菌たちの仕事。半年ほど醸成をのんびり待ちます。 
豆板醤 仕込み

無農薬無肥料のプランター栽培。
底の浅いプランターなので植物にとっては窮屈な環境。
畑で育つそら豆と比べると1/2ほどの丈です。
5粒の種を蒔き、花をつけたのは2粒。そのうちの一粒から2鞘3粒の種ができました。
同じ株からあと2鞘がのんびり成育中です。

発芽から芽をもたげるまでに一冬じっくりと時間をかけたそら豆。
幼芽のそら豆には耐寒性があるとは聞いていましたが、
3cmほど積雪した日もある2月の寒さを耐えてくれました。
そら豆の成長
春を迎え茎を伸ばすやすぐに現れた大量のアブラムシ。
4月に開花した花もびっしりとアブラムシに占拠されながらもやり過ごし、
5月に鞘が出てきてから実が大きくなるまでもゆっくりペースでした。

春のアブラムシ王国状態の時は、正直なところもうお終いかと幾度も思いました。
その度、「そら豆の成長点についてくれるアブラムシの習性を上手に利用すると実が大きくなる」と自然農のクラスで教えていただいた事を思い起こして静観することにしました。
おかげさまにて見事に大きな実をつけてくれました。
1寸の虫にも五分の魂。アブラムシとそら豆の共同作業に感謝です。
ビッシリ密集し栄華を誇っていたアブラムシ王国ですが、鞘が大きくなり始めると不思議なことにあっという間に衰退し、きれいさっぱりいなくなりました。

 
自然には盛衰のリズムがあるのですね。あわてず観察。
これは、作物を育てることだけでなく、私たちの体の変調を見極めるときにも
重要なポイントですね。
 
つい先々週、往療で見させていただいている方が前腕を骨折されました。
骨折後2日目での施術。
「これから強烈な色彩の内出血が手指の方に降りてくるけれども、
それは重力の関係なので、全く問題ないので怖がらないで大丈夫です。
内出血したもの自体が体に悪影響を及ぼすことはなく、時間経過とともに血球成分によって吸収されていくので 安心して見守っていてください。また浸出液によって腕が浮腫む状態がしばらく続き、腕を動かし辛くなります。
こちらもそれ自体が体に悪影響を及ぼすわけではないので心配せずに見守っていて下さい。
患部を動かし辛くさせることで患部を無理に動かさないようになる、という体の防衛機構が働いているのです。」
とお伝えしてお宅をお暇しました。
 
先週、お伺いしたときには毎日自宅施灸をされていたお陰さまで患部の熱感も浮腫みも引いていました。
 
からだが発しているメッセージを上手に受け取り、あわてず自然に寄り添う。
自然の理を知るとまたひとつ、からだの理を知ることとなります。
東洋医学では、からだは自然(宇宙)の縮図、小宇宙と観ています。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM